2007-02-03

シルク・ドゥ・ソレイユ −LOVE−

(c)2007 Jun Sato先月のラスベガス出張では、シルク・ドゥ・ソレイユのLOVEを見た。ストリップにあるMirageというホテルで開催されていた。いま、ラスベガスではシルク・ドゥ・ソレイユが相当はやっているようで、至る所のホテルでシルク・ドゥ・ソレイユの演目が見られる。いま、建設中の別のホテルでも公演が予定されているらしい。ラスベガスにあるシルク・ドゥ・ソレイユの公演のなかで"LOVE"を選んだのは、
  • 2006年10月に始まったばかり
  • 見たことある人が少ない
  • Remixされたビートルズに興味があった
からだ。

(c)2007 Jun Sato
ラスベガスにも当日の余りチケットを売るブースがあるが、シルク・ドゥ・ソレイユはプレミアム公演でなかなか安くは出回らないらしい。事前にインターネットでホテルのサイトからe-ticketを購入するのがおすすめ。
内容は、ストーリーがあるようで、ない。もしかしたらあったかも。ビートルズのデビューから休止まで、時代背景になぞってアクロバティックな演出が続く。人が降ってきたり、湧いてきたり、飛んできたり、滑ったり、登ったり・・・。他のシルク・ドゥ・ソレイユの公演を見たことがないから比較できないが、他の公演も見たくなった。
(c)2007 Jun Sato
客席は舞台を囲むように設置されていて、係員によるとどの席もベストシートのこと。途中の演出を考慮すると、少し上の席がよいかもしれない。すべての座席の前と背もたれにスピーカーがついていて、サラウンドの音が楽しめる。壁や幕に投射されるCG映像も音楽とマッチしていてよい。
写真は係員の目を盗んで、開演前に隠れて撮ったもの。公演中はブロックごとに係員がお客を監視してチェックしている。
↓にプロモビデオを貼ってみました。プロモビデオというよりは、全曲のハイライトシーンが見られるので、これから見る人はこのビデオ見ない方がよいかも。

これのサントラ盤とも言えるThe BeatlesのLOVEには賛否両論あるが、当時の演奏を生かしつつ、現代のミックスにするとこうなります、と割り切ればなかなか楽しめる。5.1チャネルの再生環境をお持ちの方は値段は張るが、DVDオーディオ盤付きのほうがおすすめ。


ちなみに、今年のスーパーボールのプレゲームショーの演出はシルク・ドゥ・ソレイユで、音楽は大好きなMAW(Masters At Work)のLouie Vegaらしい。

2 件のコメント:

sae さんのコメント...

結局LOVEにしたんですね。
ちょっと興味わきました。チェックしなくちゃ。
最初、シルク・ド・ソレイユとビートルズの組み合わせってピンとこなかったんですけど、アクロバティックなミュージカルって感じ?音楽がメインですか?
他の作品は、それぞれテーマがあって演出にも力入れてるけど、あくまでメインはアクロバットだから、シルクもいろいろ新機軸とか模索中なのかもしれないですね…。
私は再来週、ドラリオンを見に行ってきます。

js さんのコメント...

Youtubeで見つけたプロモビデオ貼付けてみました。